セラミック治療とは

セラミックについて

セラミックとは、陶器と同じような材料です。銀歯のような金属と違い、金属アレルギーの心配もありません。白く透明感のある審美性を再現可能な歯科材料です。また、白い歯を再現する審美性だけでなく、金属やプラスチックと違い、経年でほぼ劣化しません。さらに、汚れも付きにくく、精密な治療を行うことで、再治療のリスクを低減させることにもつながります。


セラミック治療とは

「セラミック治療」は、「セラミック」という素材を使用した歯科治療です。歯科金属を使用しない「メタルフリー治療」となります。セラミックは、前述の通り、陶器と同じような歯科材料で、白く透明感のある審美性を再現可能です。自然な白さの歯から真っ白な歯まで実現可能です。また、前歯の形を治したい場合にも適した治療といえます。

セラミックによるメタルフリー治療では、かぶせ物や歯の土台にいたるまで、歯科金属を使用しません。そのため、金属成分による歯ぐきの黒いシミ(メタルタトゥー)や、金属アレルギーのリスクがありません。

さらに、金属やプラスチックで行う治療と違い、セラミックは経年劣化が無いため、黄ばんだり、錆びたりといったことがおきません。


セラミック治療のメリット・デメリット

セラミック治療のメリット・デメリット(まとめ)
メリット
メタルフリー治療が可能
  • セラミックは陶器と同じような歯科材料で、歯科金属のように、錆びたり劣化したり、金属成分による歯ぐきの黒いシミ(メタルタトゥー)や、金属がイオン化・溶出し、体内に取り込まれることによる金属アレルギーのリスクがありません。
自然な白さの歯を再現・維持可能
  • セラミックは、治療後、期間が経過しても、変色しないため、透明感のある自然な白い歯のままです。保険で使うプラスチックは、はじめは白くても、吸水性があるため経年で黄色く変色してしまいます。
再発リスクの低減
  • セラミックは表面が滑沢なため、金属やプラスチックと違い、虫歯や歯周病の原因になるプラークがつきにくくいため、虫歯や歯周病のリスクの低減につながります。また、金属のように延性で、つぶれたり、延びたりして、すき間ができることも起きず、また、プラスチックのように割れやすくもないため、二次むし歯のリスクも低減可能です。
治療が目立ちにくい
  • セラミックは、歯科金属のように治療した部分が目立ちにくいメリットがあります。また、プラスチックのような不自然さや、後に変色して目立つといった心配もありません。天然の歯と見間違えるような自然な仕上がりが可能です。
デメリット
  • 健康保険適用外の自由診療のため、保険治療よりも治療費が割高となります。

 


当院のセラミック治療の特徴

「オールセラミック」による白い歯・セラミック治療

当院では「オールセラミック」による白い歯・セラミック治療を行っています。オールセラミックとは、表側も、裏打ちの部分も、全てがセラミックでできたクラウン(被せ物)や、インレー(詰め物)のことです。当院でのセラミック治療は、歯科金属を一切使用しない「メタルフリー治療(ノンメタル治療)」となります。より生体親和性に優れ、長期的な安定を得られるための治療を行っています。 

拡大視野下で行う「精密治療」

当院では白い歯・セラミック治療に「高倍率ルーペ」や「歯科用マイクロスコープ」を使用しています。

これら高倍率ルーペや、歯科用マイクロスコープを使用することで、拡大視野下で「見える」治療を行うことが可能となり、より精密な治療、質の高いこだわった治療を実現可能となります。

特に歯科用マイクロスコープでは、20倍まで拡大することができます。白い歯・セラミック治療においては、セラミックの歯と歯ぐきの縁(マージン)を精密に確認できます。このマージンに隙間があると、細菌が侵入しやすくなり、二次むし歯のリスクが上昇してしまいます。また、見た目にもガタガタのマージンは、審美性を大きく損なってしまいます。

拡大視野で精密な治療を行うことで、美しさと、健康を両立可能となるのです。

可能な限り「痛みを最小限度にする治療」

以前と違い、現在の歯科治療は、麻酔の方法によって、大抵のケースで治療の痛みを最小限度にして治療を行うことが可能となっています。当院では治療だけでなく、治療前に行う麻酔の痛みも最小限度に抑える取り組みを行っています。

痛みをとるための麻酔自体がチクッとして痛いと思われる方もいらっしゃると思います。麻酔自体の痛みの原因は2つあり、「針を刺す時のチクッとする痛み」「麻酔を注入するときの痛み」がありますが、この2つの痛みを、どちらも最小限度に抑えることで、痛みを少なくした麻酔を行うことが可能となります。

①診療時間をゆったり確保

診療時間をゆったり取らせて頂くことで、「麻酔がしっかりと効くまで待ってから」治療を開始することができます。

②表面麻酔

麻酔を行う前に、「表面麻酔」を行います。歯ぐきの表面に麻酔薬を塗り、時間を置くと歯ぐきの表面に麻酔が効くことで、麻酔の針を刺す時の痛みが感じにくくなります。

③細い注射針

麻酔の針は細ければ細いほど、痛みを感じにくくなります。当院では麻酔用の注射針の中でも一番細い「33G」の注射針を使用しています。

④電動麻酔

当院では「電動麻酔」を使用しています。注入速度や注入圧力をコンピューターが自動で制御します。麻酔の速度をコントロールすることで麻酔液注入時の痛みを低減します。