治療の種類について

セラミック治療の種類について

東京都渋谷区恵比寿の恵比寿駅、または広尾駅から近い当院では、白い歯の治療、セラミック治療に注力しております。

セラミック治療には、セラミックの歯を、「かぶせる治療(クラウン・クラウンブリッジ)」、「つめる治療(インレー・アンレー)」、「はり付ける治療(ラミネートべニア)」、あとセラミック治療とは少し違いますが、保険のものよりも上質な、セラミック成分のがよりリッチに混ざったコンポジットレジンを、歯に直接、「築盛(ちくせい)する治療=ダイレクトボンディング」とがあります。

かぶせる治療 ~ クラウン・クラウンブリッジ

つめる治療 ~ インレー・アンレー

はり付ける治療 ~ ラミネートべニア

築盛する治療 ~ ダイレクトボンディング


かぶせる治療(被せ物=クラウン、クラウンブリッジ)

ご自身の歯の状態によって2つのケースがあります

かぶせる治療(被せ物=クラウン、クラウンブリッジ)では、治療は大きく2つのケースに分けられます。

  • ご自身の歯の残った部分を土台として、かぶせ物を被せる場合
  • ご自身の歯には根の部分しか残っていないため、支柱を立てて土台を作り、その上にかぶせ物を被せる場合(いわゆる差し歯)

①ご自身の歯の残った部分を土台として、かぶせ物を被せる場合

ご自身の歯の残されている部分を土台の形に形成し、それを土台(支台歯)として、その上に人工の歯(被せ物=クラウン)を被せます。

クラウン

保険治療の金属のクラウンの場合は、金属色ですので、審美性で問題がありますが、オールセラミッククラウンでは、透明感もあり、非常に美しい仕上がりを実現することが可能です。

②支柱を立てて土台を作り、その上にかぶせ物を被せる場合(いわゆる差し歯)

ご自身の歯には根の部分しか残っていない場合には、そのままでは被せ物ができないため、支柱を立てて土台を作り、その上にかぶせ物を被せます(いわゆる差し歯) 。

土台

クラウン

メタルコアよりもファイバーコアが良い理由~1「歯根破折のリスク低減」

この人工の土台については、保険の治療では、銀合金などの金属の土台を歯の根に差します(メタルコア)。金属のメタルコアの場合、まるで楔(くさび)のような働きをして歯の根の部分(歯根)を割ってしまう(歯根破折)を起こすリスクがあります。

対して、保険適用外の自由診療で行う、金属を使用しない「メタルフリー治療」では、金属ではなく、グラスファイバーを使用して、支柱とし、支柱のまわりを接着性レジンで固め、支台を形成(土台を作ること)します(ファイバーコア)。自由診療のファイバーコアの場合、適度な柔軟性があるため、金属の土台と比べて、歯根破折のリスクも低減されます。

メタルコア

ファイバーコア

メタルコアよりもファイバーコアが良い理由~2「金属の溶出に関するリスクが無い」

メタルコアの場合は、金属のため、歯ぐきに金属成分が沈着して黒ずんでしまう(メタルタトゥ)を引き起こすリスク、さらには金属アレルギーのリスクもあります。

対してファイバーコアの場合には、金属ではないため、メタルタトゥのリスクも、金属アレルギーのリスクもありません。

メタルコアよりもファイバーコアが良い理由~3「金属のような審美性に関するリスクが無い」

特に前歯の場合にいえることですが、保険のメタルコアの場合、せっかく美しいセラミックのクラウンを被せても、土台であるメタルコアが金属であるがゆえに、光を通さないため、その部分が影となり、審美性を下げてしまいます。また、歯ぐきが下がることで、金属部分が露出し、黒い線にように見えてしまう(ブラックマージン)リスクもあります。

対してファイバーコアの場合には、金属のような光の遮りによるセラミックの審美性を損なうことはありません。また、ブラックマージンの心配もありません。

光の透過


「クラウン」や「クラウンブリッジ」

かぶせ物による治療では、1本の歯だけに行う「クラウン」、歯を失ってしまった場合に、歯を失った部分の両隣の歯を支台歯としてまるで橋を渡すように、複数本歯が連なった形の人工歯であるクラウンブリッジを被せるケースがあります。

かぶせ物(クラウン)

クラウンブリッジ


つめる治療(詰め物=インレー ※少し大きなもの=アンレー)

つめる治療は、歯を削る部分が、クラウンの場合ほど大きくない場合の治療です。むし歯の部分を削った後、型を取り、削った部分と同じ形の詰め物をつくり、はめ込みます。小さなものを「インレー(Inlay)」、少し大きめのものを「アンレー(Onlay)」といいます。

詰め物(インレー)

少し大きなもの(アンレー)


はり付ける治療(ラミネートべニア)

はり付ける治療は、ラミネートベニアといって、前歯の表面を非常に薄く(約0.5㎜程度)削って、そこにセラミックを歯科用の特殊な接着剤で貼り付ける方法です。ラミネートべニアでは、変色してしまった前歯を白く見せたり、歯並びを美しく見せたり、歯の形を改善することが可能です。 

ラミネートべニア


築盛する治療(ダイレクトボンディング)

ダイレクトボンディングは、歯の型をとったりするのではなく、歯に直接、歯科用のレジン(樹脂の一種)を盛って光で硬化させ、といった手順を繰り返しながら、歯の形や色を整えていく方法です。保険のコンポジットレジンよりもセラミックの粒子が多く含まれ、色彩も豊かに再現できる、より質の高いものを使用することで、非常に美しい仕上がりを再現することも可能です。また、その日のうちに治療を完了するメリットがあります。

ダイレクトボンディング