オールセラミック治療

当院では「白い歯・セラミック治療」に注力しています

東京都渋谷区恵比寿の恵比寿駅、または広尾駅から近い当院では、白い歯の治療、セラミック治療に注力しております。患者様の「こうなりたい」を叶えるため、そして、やはり医療行為であることから、見た目が美しいだけでなく、「機能的で長持ちする白い歯・セラミック治療」を大切にして、細部までこだわった治療を行っています。

当院のセラミック治療は「オールセラミック治療」です

当院のセラミック治療は、基本的に全て「オールセラミック」での審美治療です。ここでいうオールセラミックとは、表側も、裏打ちの部分も、全てがセラミックやジルコニアでできたクラウン(被せ物)や、インレー(詰め物)のことです(オールセラミック、ジルコニアオールセラミック、オールジルコニア、e-maxなど)。

つまり、当院でのセラミック治療は、歯科金属を一切使用しない「メタルフリー治療」となります。より生体親和性に優れ、長期的な安定を得られるための治療を行っています。 

※表面はセラミックでも裏打ちは金属の「メタルボンド」は当院では使用しません。

全てがセラミックでできている「オールセラミック」

表面がセラミック、裏打ちがジルコニア「ジルコニアオールセラミック」

全てがジルコニアで出来ている「オールジルコニア」

表面はセラミックでも裏打ちは金属の「メタルボンド」
※当院では使用しません


当院のセラミックの例(写真)

白い歯・セラミック治療にしようする、オールセラミックの特徴として、透明感があり自然で美しい仕上がりが期待できるという特徴があります。

オールセラミック

「オールセラミックインレー(オールセラミック)」

「オールセラミッククラウン(オールセラミック)」

オールセラミッククラウンの裏側(裏側もセラミックです)

ジルコニアオールセラミック

「オールセラミックインレー(ジルコニアオールセラミック)」

イーマックス(IPS e.max)

白い歯・セラミック治療に使用する人工歯の歯科材料のひとつとして、イーマックス(IPS e.max)は、二ケイ酸リチウムガラスを主成分とする、新しいセラミック素材です。イーマックス(IPS e.max)は、強度が高いことが特徴で、強度と審美性を兼ね備えたセラミック素材です。

「イーマックスインレー(IPS e.max Inlay)」

模型にはめ込んだところ


当院では行っていないセラミック治療の例

メタルボンド ※当院では使用しません

当院では、白い歯・セラミック治療において、表面はセラミックでも、裏打ちには金属を使用した「メタルボンド」は使用しておりません。

一見セラミックでも裏側に金属を使用する「メタルボンド」。当院では使用していません。

ハイブリッドレジン ※当院では使用しません

当院では、見た目は白い歯でも、プラスチックの割合が高く、変色・劣化・摩耗のおこりやすい「ハイブリッドレジン」による治療は行っておりません。

摩耗しやすい「ハイブリッドレジン」。当院では使用していません。


経年で劣化しないセラミック

当院では、白い歯・セラミック治療において、オールセラミックによる「メタルフリー治療(ノンメタル治療)」を行っております。(保険のプラスチックは非金属ではありますが、劣化による黄ばみで審美性を損なうことや、割れやすさのデメリットもあるため、当院では使用ません)

セラミックは、陶器のような材質で、白く透明感があり、美しい歯の見た目を再現可能なだけでなく、表面が非常になめらかであることから、歯垢や歯石が付着しにくく、銀歯よりも、むし歯や歯周病のリスクを下げることが出来ます。金属のように腐食することもありませんし、イオン化・溶出するということもありません。

また、経年で劣化することもなく、美しさが保たれます。

経年で劣化していないセラミックの例

治療直後の前歯のセラミッククラウン。

5年経過後の前歯のセラミッククラウン。