接着セラミック治療

当院で行っている「接着」セラミック治療について

治療を長持ちさせるための接着セラミック治療

「接着セラミック治療」は、天然の歯と人工のを、しっかり接着することができる「接着性レジン(歯科用接着剤)」を使用して、行うセラミック治療です。

従来の治療では、むし歯を削った後に金属の詰め物をする場合、「セメント」と呼ばれるもので、歯と金属の詰め物のすき間を埋める方法(合着)を取っていました。しかし、「セメントには接着力がない」ことが問題でした。

しかし、接着セラミック治療では「金属の詰め物をはめ込んで歯と詰め物のすき間はセメントで埋める(合着)」といった方法ではなく、歯科用接着材を使用して、歯(歯質)と人工の歯科材料を、しっかりと「接着固定」します。接着治療では十分な接着力と強度が得られるため、歯質を削る量も最小限で済みます。

また、しっかり接着することで、セラミックに大きな力がかかった際の割れるリスクも低減します。


セメントによる銀歯の治療と接着セラミック治療の「二次むし歯」のリスクの違い

「従来のセメント」を使用した場合と、「接着性レジン(歯科用接着剤)」を使用した場合とで、詰め物(インレー)を装着した場合を比較すると、従来のセメントの場合は、セメントが唾液で溶け出し、歯と修復物の間にすき間ができ、そこから細菌が入って、二次むし歯ができやすくなります。対して接着治療の場合は、歯と修復物の間は、しっかり接着されていますので、菌が入ることなく、二次むし歯になりにくいというメリットがあります。

従来の方法はセメントによる「合着」。接着されている訳ではないため、セメントが唾液により溶け出すと隙間から細菌が侵入し「二次むし歯」ができるリスクが上昇する。

接着セラミック治療では、人口の歯科材料と歯質をしっかりと「接着性レジン(歯科用接着剤)」を使用して、「接着」するため、二次むし歯になるリスクは低減される。


セラミックを歯に接着する前の処置について

人工の歯科材料は、歯を削った後、そのまま接着治療を進めても、あとから剥がれやすくなってしまいます。そのため、当院では、人工の歯科材料と天然の歯の削った部分が、よりしっかりと接着されるよう、「エッチングADゲル法」という、削った天然歯側の接着面の処理を行っています。

接着前の処置(エッチングADゲル法)の流れ

1、歯を削った直後の状態

歯を削った部分には、歯を削る時の歯質の切削くずなどによる層(スメア層)ができています。

2、エッチング(脱灰)

スメア層があるままだと、接着を行っても、修復物が歯質にしっかり接着されず、剥がれてしまう原因になります。このスメア層を除去するための処理のことを「エッチング(脱灰)」と言います。

当院では、エッチングを行い、エナメル質や象牙質の削った部分の表面を多孔質な状態に変えます。

3、象牙細管内の有機物除去

エッチングだけでは、スメア層が除去されるのみで、象牙細管内に有機物が残ってしまい、接着剤の象牙細管内への入り込みが少なくなってしまいます。そこで、「ADゲル」を使用して、象牙細管内の有機物を除去します。

接着剤の象牙細管内への入り込みが、エッチングだけの場合と比べて、およそ10倍近く深くなり、天然の歯の削った部分と接着剤料とのくっつく力が著しく強くなります。

4、接着修復処置

セラミックの修復物を「パナビアフルオロセメント」で接着します。

このとき、エッチングADゲル法によってスメア層を除去し、象牙細管内の有機物も除去しておいたことによって、より長いレジンタグを形成し、歯質としっかりとかみ合った形で、セラミックと歯質がしっかり接着します。


接着セラミック治療に使用する各種薬剤のご紹介

エッチング剤

ADゲル

パナビアフルオロセメント

メガボンド