歯ぐきの黒ずみを治したい

歯ぐきの黒ずみを治したい

マージンの不良と金属により歯肉に起きた炎症と黒ずみを治療した症例

写真右側の歯肉が炎症を起こして黒ずんでしまっています。マージンの不良と金属による炎症です。

オールセラミッククラウンでの精密治療とメタルフリーにより、歯肉の炎症が無くなりました。

・治療期間 ・・・ 1か月
・通院回数 ・・・ 3回
・内容と費用 ・・・ オールセラミッククラウン : 15万円×1歯
・メリット ・・・ 硬質レジン前装冠やメタルボンドクラウンと比べると、金属を使用しないため天然歯のような審美性を再現できる。金属を使用しないため生体親和性がよく、歯肉炎症も起きにくく、馴染みがよい。
・リスクと副作用 ・・・ 健康保険適用外の治療であることから保険診療より費用が高くなる。

人工歯の形が合わず歯ぐきの形が悪くなってしまったケースを治療した症例

この症例は、歯ぐきの黒ずみではないのですが、歯ぐきの形が変わってしまっていたケースです。

術前の不良補綴物(かぶせ物)のせいで、歯間歯肉の退縮が起こっていましたが、術後1年で歯肉が回復し、歯間に入り込んできているのがわかります。5年経過しても劣化は起こらず、炎症もなく、いい状態がキープされています。

①治療前の写真

②治療直後の写真

③治療後1年の写真

④治療後5年経過した時点での写真

・治療期間 ・・・ 1か月
・通院回数 ・・・ 3回
・内容と費用 ・・・ オールセラミッククラウン : 15万円×2歯
・メリット ・・・ 硬質レジン前装冠やメタルボンドクラウンと比べると、金属を使用しないため天然歯のような審美性を再現できる。金属を使用しないため生体親和性がよく、歯肉炎症も起きにくく、馴染みがよい。
・リスクと副作用 ・・・ 健康保険適用外の治療であることから保険診療より費用が高くなる。

マージンの不良と金属による歯の根元にできた二次むし歯の治療例

こちらも歯ぐきの黒ずみではないのですが、人口の歯が合っていなかったことと、一見白い歯の裏側に使用されている金属によって、人口の歯と歯茎の境目が黒ずみ、虫歯もできてしまっていたケースです。

二次むし歯が発見されたがたがたのマージン。メタルボンドはマージン(歯ぐきとの境目)が金属のため、その部分から二次むし歯ができやすいようです。ここからむし歯が出来ると神経が近いため、根管治療になってしまうリスクが高くなります。

この患者さんは全顎的に治療を行いました。咬合平面もずれていたのでしっかり修正してあります。

・治療期間 ・・・ 1年2か月
・内容と費用 ・・・ オールセラミッククラウン : 12万円×14歯
・メリット ・・・ 硬質レジン前装冠やメタルボンドクラウンと比べると、金属を使用しないため天然歯のような審美性を再現できる。金属を使用しないため生体親和性がよく、歯肉炎症も起きにくく、馴染みがよい。
・リスクと副作用 ・・・ 健康保険適用外の治療であることから保険診療より費用が高くなる。